雲のやすらぎvsトゥルースリーパー徹底比較!※両方買って検証

雲のやすらぎvsトゥルースリーパー徹底比較!※両方買って検証
ジュン
どうも!寝具ソムリエのジュンです。今回の記事では「トゥルースリーパー」と「雲のやすらぎ」について、両方とも購入して使っているので、比較してまとめてみました。

寝具ソムリエ・睡眠寝具インストラクター「ジュン」の詳しいプロフィールはコチラ!

よく似た商品として比較される事が多い「雲のやすらぎ」と「モットン」に関しては、以前に比較ページにて紹介させて頂きました。

ですが、同じ高機能マットレスとしては「トゥルースリーパー」も比較される事が多い様なので、今回は実際に両方購入してみての比較としてまとめてみました。

雲のやすらぎvsトゥルースリーパー!まずは一覧表で簡単比較!

まずは分かりやすく一覧表で比較してみましょう。

  雲のやすらぎプレミアム トゥルースリーパー
種類 1種類 8種類
価格帯 39,800円~59,800円 18,700円~40,800円
サイズ展開 シングル/セミダブル/ダブル シングル/セミダブル/ダブル/クイーン
分類 敷布団 マットレス
素材 高反発スプリングマット
羊毛
凹凸アルファマット
低反発素材「ウルトラヴィスコエラスティック」
中反発素材、高反発素材など
商品により異なる
シリーズ展開 雲のやすらぎプレミアム ※購入済み トゥルースリーパープレミアム
トゥルースリーパープレミアケア
トゥルースリーパープレミアケアプラス ※購入済み
トゥルースリーパーセロ ※購入済み
トゥルースリーパーネオフィール
トゥルースリーパーウェルフィット
トゥルースリーパーライト3.5
トゥルースリーパーセロLight3.5

みて分かる通り、基本的に「雲のやすらぎ」は1種類のみ販売されていますが、トゥルースリーパーはかなり種類が多いのが大きな違いです。

比較する上で分かりにくくならない様に、トゥルースリーパーに関して、特徴毎に簡単にまとめると・・・

トゥルースリーパーの種類と商品ごとの特徴
  • トゥルースリーパープレミアム・・・低反発、厚さ5cm、ロングヒットの定番商品
  • トゥルースリーパープレミアケア・・・低反発、厚さ5cm、定番商品に防ダニ・抗菌効果がついた商品
  • トゥルースリーパープレミアケアプラス・・・低反発+高反発のリバーシブル、厚さ5cm、最上級品
  • トゥルースリーパーセロ・・・高反発、厚さ5cm、シリーズで唯一洗える
  • トゥルースリーパーネオフィール・・・中反発、厚さ5cm
  • トゥルースリーパーウェルフィット・・・中反発+硬めマットレスの2層、厚さ7.5cm、敷布団として使用可能
  • トゥルースリーパーライト3.5・・・低反発、厚さ3.5cm、
  • トゥルースリーパーセロLight3.5・・・高反発、厚さ3.5cm、

と商品ごとに違いがあり、大きく分けると

・使っている素材の違い

・布団の上に敷くタイプか直接敷くタイプか?

で分類する事が出来ます。

ここから更に「雲のやすらぎと比較するなら?」と言う点で見ると、

・雲のやすらぎと同じ高反発素材を使用している

・雲のやすらぎと同じ敷布団として床やフローリングに直置きで使用できる

と言う2つの共通点で商品をピックアップしてみると・・・

雲のやすらぎと比較すべきトゥルースリーパー

・トゥルースリーパーセロ・・・高反発素材を使用している

・トゥルースリーパープレミアケアプラス・・・高反発素材を使用している

・トゥルースリーパーウェルフィット・・・床に直接敷いて使える

と言う3つの商品に絞られます。

ジュン
他のサイトなどでは、トゥルースリーパーの中でも代表的な「トゥルースリーパープレミアム」とよく比較されていますが、正直な所この2つの商品はあまり共通する部分がありません。

なので、単純に「トゥルースリーパープレミアム」と迷っている人の場合、

・低反発ならトゥルースリーパープレミアム、高反発なら雲のやすらぎ

・安い方が良いならトゥルースリーパープレミアム

・敷布団の上に敷いて使いたいならトゥルースリーパープレミアム

・敷布団として直接敷いて使用するなら雲のやすらぎ

と言うポイントで絞り込めば、どちらか選びやすいのではないかと思います。

雲のやすらぎとトゥルースリーパー!違いがすぐ分かるまとめ!

前項で紹介した通り、トゥルースリーパーは商品の種類が多く、雲のやすらぎと単純に比較する事は出来ません。

ジュン

当サイト編集部では、共通点がある3種類のトゥルースリーパーのうち、

・トゥルースリーパーセロ

・トゥルースリーパープレミアケアプラス

に関しては、実際に購入しているので、今回はこの2つの商品に、こちらも購入した「雲のやすらぎ」を合わせた3つの商品で比較していきます。

ちなみに今回比較に加えない敷布団タイプのトゥルースリーパーウェルフィットに関しては、レビュー数などから見ても、セロやプレミアケアプラスなどと比較してもあまり売れていない気がします・・・。

なので、正直な所、トゥルースリーパーと雲のやすらぎで迷っているなら、以下の3つで比較するのがオススメです。

  雲のやすらぎ トゥルースリーパーセロ トゥルースリーパープレミアケアプラス
サイズ展開 シングル/セミダブル/ダブル シングル/セミダブル/ダブル シングル/セミダブル/ダブル/クイーン
価格 シングル39,800円
セミダブル49,800円
ダブル59,800円
シングル24,800円
セミダブル26,800円
ダブル28,800円
シングル34,800円
セミダブル36,800円
ダブル38,800円
クイーン40,800円
商品サイズ 厚さ全サイズ共通・・・17cm
長さ全サイズ共通・・・200cm
シングル幅100cm
セミダブル幅120cm
ダブル140cm
厚さ全サイズ共通・・・5cm
長さ全サイズ共通・・・195cm
シングル幅97cm
セミダブル幅120cm
ダブル140cm
厚さ全サイズ共通・・・5cm
長さ全サイズ共通・・・195cm
シングル幅97cm
セミダブル幅120cm
ダブル140cm
クイーン160cm
素材 1層ポリエステル100%
2層凹凸ウレタン素材
3層高反発ウレタン素材
4層凹凸ウレタン素材
5層フランス産ロレーヌダウン羊毛
[中材]シーコア 55kg/立方メートル 20㎜
ポリエチレン100%
ファイバークッション 20kg
立方メートル 30㎜
ポリエステル100%
[インナーカバー]ポリエステル100%
本体:ウレタンフォーム
専用保護カバー:ポリエステル100%
特徴 ・厚さ17cmの高反発敷布団
・直置き、ベッドの上両方で使用可能
・100日間の返金保証
・楽天ランキング463日間連日1位獲得
・モニター満足度98%
・80,000回の圧縮試験にて99.9%復元
・高反発なのにふわふわの寝心地
・洗えないので基本は天日干しにてお手入れ
・シリーズ唯一洗える素材を使用
・高反発トッパータイプマットレス
・基本は敷布団の上、ベッドの上で使用
・厚さ5cmの為、基本は直置きでの使用不可
・抗菌、防臭、防ダニ機能
・日に弱いので天日干しではなく陰干し
・60日間の返金保証
・1年間の交換保証
・シリーズ唯一の低反発+高反発のリバーシブル
・シリーズ史上最高のマットレス
・洗えない、日に弱いので基本は陰干し
・プレミアムよりも通気性が2倍向上
・プレミアムよりも耐久性が2倍に向上
・16万回の試験をクリアした優れた耐久性
・1年間の交換保証
・60日間の返金保証
購入レビュー 口コミ体験談はこちら 口コミ体験談はこちら 口コミ体験談はこちら
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

評にして分かりやすく紹介する予定だったのですが、なんだか見にくくなってしまいましたね・・・(苦笑)

ジュン
と言う訳で、共通点のあるこの3つの商品について、簡単に違いが分かるポイントを一覧でまとめてみました。

これだけは押さえておきたい!雲のやすらぎとトゥルースリーパーの特徴&違い

・床やフローリングに直接敷いて使えるのは「雲のやすらぎ」のみ

・敷布団の上で使えるのは「セロ」と「プレミアケアプラス」

・3つともベッドの上に敷いて使用する事は可能

・「雲のやすらぎ」は羊毛、「トゥルースリーパー」はウレタンが中心の素材

・「雲のやすらぎ」は返品保証が100日間、「トゥルースリーパー」は60日間

・「トゥルースリーパー」は予期せぬへこみなどが1年以内に出た場合交換可能

・「雲のやすらぎ」は厚みが17cm、「トゥルースリーパー」は厚みが5cm

・「雲のやすらぎ」、「セロ」は高反発素材

・「プレミアケアプラス」は低反発と高反発のリバーシブル素材

・横幅はシングルサイズのみ「雲のやすらぎ」が3cm大きい

・中の素材まで洗えるのは「セロ」のみ

・天日干し出来るのは「雲のやすらぎ」のみ

・価格が一番安いのは「セロ」、一番高いのは「雲のやすらぎ」

ジュン
「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」、比較される事が多い2つの商品ですが、実際に両方とも購入した私から言わすと、かなり違いのある商品だと言えます。

この2つで迷っているなら、上記のポイントを見て行くと、「どっちを購入すれば良いか?」の目安としては考えやすくなるかと思います。

雲のやすらぎとトゥルースリーパーの共通点

比較すると違いは見えてきますが、「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」は以下の様な共通点があります。

・両方とも腰痛に効果が高いという口コミが多い

・高機能マットレス

・高反発マットレス

・価格帯が3~5万円前後

なので迷う人も多いようですが、ここまで紹介した様に、比較するポイントや違う部分も沢山あるので、しっかりと理解した上で迷うことなく購入してもらえればと思います。

雲のやすらぎvsトゥルースリーパー!実際に買った筆者が徹底比較!

では最後に、実際に両方購入した私が、2つの商品を重要なポイントで比較していきます。

ジュン
ここからの個人的な比較に関しては、2ヵ月が経過した時点のものとなるので、今後はまた変わる可能性がありますが、ひとまず現時点での個人的な感想をまとめてみました。

寝心地が良いのは「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」どっち?

まず重要な「寝心地」に関してですが、こちらは正直な所、圧倒的に「雲のやすらぎ」の方が良いです。

比較すると分かりますが、2つの商品は同じ高機能マットレスであるにもかかわらず、寝心地が全く違います。

厚みも5cmと17cmで全く違いますし、雲のやすらぎは包み込まれるような柔らかい寝心地、トゥルースリーパーは敷布団の上に置く事でしっかりと身体を支えてくれるような寝心地になります。

「柔らかい寝心地が苦手」と言う人の場合は、「トゥルースリーパー」の方が寝心地が良いと感じる事もあるかと思いますが、私的には雲のやすらぎの方が寝心地が良いと感じています。

ジュン
私自身、雲のやすらぎで寝る前まで「柔らかい寝心地が苦手」だったのですが、初めて柔らかい寝心地で満足して寝れたのが「雲のやすらぎ」です。

腰痛に良いのは「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」どっち?

次に「腰痛に良いのは?」と言う点で言うと、販売ページにも「腰に優しい」と表記がある「雲のやすらぎ」の方が効果が高そうですが、実際にはそこまで違いは感じませんでした。

寝つき、寝てる途中、寝起き、日中の腰痛、全てにおいて寝た翌日に両方ともチェックしましたが、あまり違いは分かりませんでした。

ジュン
唯一「腰がすごい楽な気がする!」と思ったのは、「雲のやすらぎ」でも「トゥルースリーパー」でもなく、「モットン」です。

もし「腰痛がひどい」、「腰の痛みが酷くて寝れない」と言うぐらい悩んでいるなら、「モットン」が私的にはオススメです。

※モットンの口コミや比較に関しては以下の記事でまとめています。

モットンの評価と口コミまとめ!【※購入者がやらせなしで辛口評価】

2019.08.07

モットンと雲のやすらぎ比較!※両方購入して検証、腰痛に良いのは?

2019.09.17

今は「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」どっちで寝る事が多い?

ちなみに「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」、今現在はどっちで寝る事が多いか?と聞かれると、ダントツで雲のやすらぎです。

購入した当初は真夏の8月と言う事もあり、ふかふかで温かさの感じる「雲のやすらぎ」は、冷房を付けていても暑く感じる事がありました。

なので、最初の頃は「雲のやすらぎ」より「トゥルースリーパー」で寝る事が多かったのですが、今現在は

・フカフカの寝心地に若干の病みつき

・雲のやすらぎは直すのが面倒

と言う理由から、「雲のやすらぎ」で寝る事の方が多くなってしまいました(笑)。

ジュン
今は「雲のやすらぎ」と「モットン」を息子と日によって交換して使っている感じです。

今回は「雲のやすらぎ」と「トゥルースリーパー」について、実際に購入した共通点がある商品で比較してみました。

2つの商品で「どっちを買おうか?」と迷っている場合には、当記事を参考に合う方を選んでみてはいかがでしょうか。

どちらも「返品保証」はついていますが、返品するとなると多少面倒になるので、よく考えた上で検討してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA