3ヵ月寝てみて分かった!トゥルースリーパーとエアウィーブどっちがオススメか?

3ヵ月寝てみて分かった!トゥルースリーパーとエアウィーブどっちがオススメか?徹底比較!
ジュン
こちらのページでは、布団やベッドの上に敷くタイプとして絶大な人気を誇る「エアウィーブ」と「トゥルースリーパー」について比較しています。

ネット上によくある買ってもいない「エアレビュー」ではなく、実際に両方購入してどっちがオススメか?をご紹介しているので、2つのマットレスで購入を迷っている方は是非参考にしてもらえればと思います。

尚、商品の細かいラインナップや価格、それぞれのマットレスの特徴などは、こちらの比較ページにて紹介していますので、良ければご参考ください。

両方の比較レビューを紹介する前に、前提として知っておきたい2つの商品の違いや特徴をまずはご覧ください。

エアウィーブとトゥルースリーパーの違いや特徴
・両方とも布団やベッドの上に敷くオーバーレイ(トッパー)タイプ
・エアウィーブのスタンダードモデルの価格帯は66,000円~
・トゥルースリーパーの人気モデルの価格帯は25,000円前後
・マットレスの厚みはトゥルースリーパーが5cm、エアウィーブが6cm
・重さ的にはシングルサイズで約2.5kg程トゥルースリーパーが軽い
・カバーも中材も洗えるのはエアウィーブのみ

上記をご覧頂くと、何となく「エアウィーブ」の方が「トゥルースリーパー」より価格が高いと言う点は分かるかと思います。

では実際に両方とも寝てみた感想や評価を含めて、購入するならどっちが良いか?を比較していきます。

まず結果から!購入するならオススメはエアウィーブです。

ジュン
私は今現在、トゥルースリーパー、エアウィーブに加えて、ネットで大人気のモットン、雲のやすらぎも購入して実際に寝ています。

この人気マットレス4つの中で、3ヵ月間のうち一番寝たのが何をかくそう「エアウィーブ」です。

4つの中でも一番価格が高いのがエアウィーブで、出来れば「安いけどこっちの方がオススメです!」的な結果を報告したかったのですが、「値は値なり!?」と感じさせる結果に終わってしまいました(笑)

もちろんただ毎日寝るだけでなく、「寝心地が良い」、「腰痛に効果がある」、「寝起きが良くなった」、「へこみやへたり具合」、色々な点を意識して寝てみました。

が、率直な意見として

・「今日もこれで寝たい!」と一番思えた
・7歳の息子とどっちがエアウィーブで寝るか?で一番取り合いをした

ので、やはりエアウィーブが私的にはオススメ出来ます。

今回購入して検証したのは、こちらのスタンダードな「エアウィーブ」です。

テニスの錦織圭選手もCMで宣伝していたモデルで、ご存知の方も多いかもしれませんね。

まあ遠征先までは持って行ってないと思いますが・・・(笑)

ちなみにエアウィーブは、オークションなどで偽物が出回っている可能性も高いので、買うならこちらの公式サイトがオススメです。

こういった毎日使うものに関しては、個人的に合う合わないは必ずある為、私がオススメするものが他の人にあてはまるかどうか?は正直微妙な所です。

ジュン
ただ、毎日使用するものの中で、今まで生きて来て「もっと早く買っておけばよかった!」と個人的に思えたもの第2位にランクインしたので、私的には非常にオススメです。

・1位.ドラム式洗濯機(※自動で洗剤投入、乾燥も最高のコスパ最強洗濯機)

・2位.エアウィーブ ← 今回購入して検証したのがこれ!

・3位.電動歯ブラシ(※歯の汚れが驚く程取れた。ただよく飛び散るw)

余談ですが、第1位のパナソニックのドラム式洗濯機、価格はかなり高いですが本当に便利。

ベランダに洗濯ものを干さなくて良くなったし、洗剤を毎日投入する手間も省けて、無駄な洗濯の時間が自由に使える様になりました。(・・・と言ってもやってたのは妻がほとんどですがw)

予算5万円以内、将来的な買い替えを視野に入れるならトゥルースリーパーもあり。

予算5万円以内、体重が重い、軽い方が良いなら「エアウィーブ」より「トゥルースリーパー」の方がどっちかと言えばオススメ。
ジュン
私はエアウィーブがオススメですが、寝具にあまり高い投資をしたくないと言う事なら、トゥルースリーパーでも十分だと思いますよ。

人生の3分の1は睡眠なので、私的には睡眠の質や身体の好不調を考えると、ある程度快眠のための投資はやむを得ないと考えています。

ですが、毎日かなりの睡眠不足を感じたり、極度の腰痛持ちでもない限り、「寝具にそこまでお金をかけるのも・・・」と考える人も多いかも知れません。

シングルサイズ3万円以内で買えてこの品質は◎

私が購入したベッドマットレスの中では一番安い「トゥルースリーパー」ですが、3万円以内で購入できる商品にしては非常に質が良く、5万円前後のベッドマットレスと比較しても耐久性や性能でそこまで劣っているとは思いません。

毎日押し入れに布団を治す人にもオススメ

エアウィーブが特別重たいという事はありませんが、トゥルースリーパーと比較するとシングルサイズで2.5kg程の差があります。

これがセミダブル、ダブルサイズともなると更に重たくなってしまうので、毎日押し入れに布団を治すと言う場合で、持ち運びは出来るだけ軽い方が良いと言う事ならトゥルースリーパーはオススメです。

面倒でなければ「全額返金保証」があるのもメリット

「エアウィーブ」と違って「トゥルースリーパー」は、購入して実際に寝てからの返品が可能です。

なので万が一合わなかった場合、面倒ですが返品して返金してもらう事も可能なのはトゥルースリーパーの大きなメリットと言えますね。
(※返品に関して詳しくはコチラをご覧ください)

耐久面やへたりの面ではエアウィーブに劣るので体重が重ための方は要注意

2つの商品を比較して明らかに違うのは、商品としての耐久面かなと。

トゥルースリーパーもエアウィーブも、販売元のアナウンスだと2~3年は問題なく使えると言う事ですが、実際に寝てみての「へこみ具合」などを見ても、エアウィーブの方が確実にしっかりしています。

同じ頻度で2つの商品を使用した場合、間違いなく先に寿命が来るのはトゥルースリーパーですね。

なので標準より重ための体重の方は、一般的な体型の方と比較してもへたりが出やすいので、正直トゥルースリーパーはあまりオススメ出来ません。

また、トゥルースリーパーのスタンダードモデルは洗濯ができないので、汗かきの方や、潔癖症の方、寝具は小まめに手入れしたいという人には正直オススメ出来ません。

2セット購入するならトゥルースリーパーは更に安い!

ジュン
ちなみにトゥルースリーパーは2枚買うなら半額になるセールを常に開催しています。

もし誰かにあげたリ、家族で2枚必要だと言う事なら更に安くなります。

半額セールに関しては以下のページで詳しく調査し、その都度更新していますので、興味があればこちらもチェックしてもらえればと思います。

エアウィーブもそうですが、トゥルースリーパーもヤフオクやAmazonでの購入はオススメ出来ません。

買うなら絶対に公式サイトからにしてくださいね。

【まとめ】商品だけで比較するなら絶対にエアウィーブ!でもデメリットもある。

【どっちが良いかまとめ】商品だけで比較するなら絶対にトゥルースリーパーよりエアウィーブ!でもデメリットもある。

ここまで紹介した様に、「金額を気にしない」という事なら、間違いなくトゥルースリーパーよりエアウィーブがオススメです。

ですが、お伝えした様にエアウィーブは以下のデメリットがあります。

  • 基本的に価格が高い
  • 使用してからの返品保証がない
  • トゥルースリーパーより若干重い

購入するにしても上記は理解しておく必要があります。

一見高く感じる価格も使えば使うほど元が取れる。

今回私が購入したエアウィーブのシングルサイズは、66,000円とかなり高く感じてしまいます。

ただ、3年使うとすれば年間で22,000円、1ヵ月に直すと約1833円投資するだけで、快適な睡眠を手に入れる事が出来ます。

ジュン
もちろん3年以上、使えば使うほど最初に購入した費用は安くなって行くので、私はむしろ安いとさえ感じています。

朝起きた時の腰痛も全く感じなくなりましたし、寝心地も非常に快適です。

ただ一つ問題なのは7歳の息子と取り合いになる事ぐらいです(笑)

息子は先にエアウィーブで寝ていますが、私が寝る時には隣のトゥルースリーパーやモットンの方に息子を転がしてから寝ます(笑笑)

どちらかで迷われていて、金額差をそこまで気にしないという事なら、私はエアウィーブを断然オススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です