安い高反発マットレスは使える?※安物はダメ?モットンとの違いは?

安い高反発マットレスは使える?※安物はダメ?モットンとの違いは?

高反発マットレスについて調べていると、「モットン」の名前を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、モットンの価格を見てみると3万円以上もするため、購入するにはどうしても躊躇してしまう事も多いかと思います。

一方、ここ数年で、楽天やAmazonなどでは1万円以下でも買える高反発マットレスが販売されるようになりました。

販売ページを見るとどれも良さそうな事ばかりが書いてあるため、「安物の高反発マットレスとモットン、何が違うの?」といった疑問を抱く方は少なくは無いかと思います。

・「1万円以下の安い高反発マットレスは本当に使えるの?」

・「1万円以下の高反発マットレスの寿命やへたりは?」

・「モットンと安物のマットレスの違いは何?」  

・「それでも安い方が良い!おすすめの低価格マットレスはどれ?」

今回は、このような疑問をお持ちの方のために、安い高反発マットレスがどの程度使えるものなのか、また、有名な高反発マットレス「モットン」とどういった違いがあるのかについて見ていきたいと思います。

1万円以下の安い高反発マットレスの性能や使い心地に関するまとめ!

楽天やAmazonでは、1万円以下の高反発マットレスが人気が高く、最安値になると、4,000円程度で購入できるものまであります。

どの販売ページを見ても、十分な性能がありそうですし、「安い高反発マットレスでも効果があるんじゃないの?」と気になっている方も多いかと思います。

実際のところ1万円以下で購入できる高反発マットレスは使えるものなのでしょうか?

1万円以下で人気の高反発マットレスは本当に使えるの?

1万円以下で購入できる安価な高反発マットレスでも、全く使い物にならないかというと、決してそうとも限りません。

購入者の高評価のレビューを見ると「寝心地は良かった」「ちょうどいい硬さだった」などのコメントも沢山あり、安価な高反発マットレスでも、寝心地が気に入れば、非常にコスパの良い買い物になります。

また、格安の高反発マットレスには、三つ折りタイプで軽量なものが多く、収納や持ち運びしやすいので、来客用や一時的な使用など、使いようによってはメリットのある商品だと言えそうです。

ただその一方で、安い製品には安い製品だけの理由があるのも事実です。

実際の低評価の口コミやレビューを見てみると・・・

・ウレタンの臭いがキツくて、いつまで経ってもとれないため使えない

・ホルムアルデヒドなど、アレルギー物質が心配

・作りが甘く、三つ折りの溝に隙間があり寝心地が悪い

・圧縮して届いた商品が部分的にしか戻らない

・余計に腰が痛くなった

・返品サポートが無いため無駄になった

といったコメントがあり、安価なマットレスは、コストを抑えている分だけ製品の完成度は低く、上記のようなリスクも多くなる点には注意が必要です。

1万円以下の高反発マットレスの寿命やへたりは?

そして、高反発マットレスの重要なポイントとなるのが、耐久性です。

残念ながら、安いマットレスの耐久性については期待することは出来ません。

半年~1年程度が寿命といったものが多く、やはり低コストに見合った素材であることは仕方がありません。

実際、1万円以下のマットレスは販売ページを見ても、寝心地や硬さなどについては書いてありますが、どの程度の耐久性なのかについての目安が書かかれてあるものはほとんどありません。

ガク
このように、1万円以下の高反発マットレスにはデメリットや注意点が多く、また返金保証も無いため、「失敗して別の製品を買い直すことになるかも知れない」といったリスクは避けることが出来ません。

とはいえ、価格重視の方にとっては身体に合えばコスパの良いものになります。

単身赴任などで長く使っていく必要がない場合や、価格が安ければ効果が実感できなくても納得出来る、という場合には良いかも知れません。

ただ、長い目で見たときに、”より良質な睡眠を取りたい”というような場合であれば、やはりマットレスにはある程度の価格の製品を選ぶことをおすすめします。

人気の高反発マットレスモットンと安いマットレスの違いは?

では、ネットで爆発的に売れている高反発マットレスとして非常に人気の「モットン」と安いマットレスには、どういった違いがあるのでしょうか?

安いマットレスとモットンの違い!比較一覧表

まず基本的な項目で比較してみましたが、やはり全てにおいてモットンの方が優れている事が分かります。

比較項目 1万円以下のマットレス モットン
生産国 中国製 日本製
耐久性 半年~1年 8~10年
保証 なし~1年保証 90日経過後2週間以内返品保証
素材 ウレタン 独自開発ウレタン

特に耐久性に関しては前項でも触れていますが、その差は歴然です。

上記の基本的な項目に加えて”腰痛や肩こりの軽減”、”寝心地”、”起きた時の疲れ具合”など、安眠や快眠には欠かせないポイントでも、モットンは非常に優れていると言われています。

もちろん普段からぐっすり眠れていて、特に寝心地に不満を感じる事がないと言う事なら、安いマットレスを毎年買い替えると言うのも選択肢の一つとしては考えられます。

何故3万円以上もする高級マットレスモットンがこれ程売れるの?

モットンは、現在までに10万本以上も売れている人気商品ですが、価格はシングルで39,800円と、価格だけを見ると決して安いとは言えません。

楽天やAmazonではもっと安い高反発マットレスも買える中、モットンは何故これほどまでに売れているのでしょうか?

その最も大きな理由は、”価格以上の価値を感じる方が多い”ということです。

購入時には高く感じても、この金額を最低5年使用すると考えると、1年間毎日寝る寝具に対する投資金額が39800円÷5年で、年間たった7960円となります。

安価なマットレスと比較すると高く感じますが、長い目で見た時に非常にコスパに優れている点もモットンが売れている最大の理由とも言えます。

人気の秘密はアフターフォローにあり?!

モットンは腰痛改善への高い効果や、その他の機能性の高さだけでなく、購入後のアフターフォロー体制が充実しているのが特長です。

その結果、返金保証があるにも関わらず、実際に返品した方はわずか6.8%と少なく、94.2%の方の満足を得ていることで、口コミを拡大させることに繋がっています。

このように、3万円以上するマットレスであったとしても、安いマットレスには無い機能性や保証体制があり、健康への対価としては決して高価ではないと評価され、ここまでの人気の高さを獲得していると言えるのではないでしょうか。

安物を買うより生涯コストで見るとモットンの方が安くつく?

とはいえ、やはりモットンの価格の高さがネックとなる方も多いのではないでしょうか?

価格が高くて性能が良いのは当たり前ですよね。

ですが、実はモットンは、一概に「価格が高いマットレス」とも言えません。

・モットンは1年あたりに換算すると安い!

モットンの販売ページには10年使えると記載されています。

もちろん、お手入れの頻度や使い方によってへたりの早さは変わってきますが、色々なサイトでも大体8~10年程度は使えると言われています。

少なく見積もって8年としても、1年あたり約5,000円となり、これだけの性能を持っていながら、1万円どころか、最安値の価格帯のマットレスと価格はほとんど変わりません。

こうした観点から見ると、安物のマットレスを毎年買い替えるコストよりも、生涯コストで安くつくのはモットンの方だと言えそうです。

それでも安い方が良い!そんな人におすすめの低価格マットレスまとめ

モットンはコスパに優れた商品とはいえ、どうしても最初に費用はかかってしまいます。

「そこまでの耐久性や機能性なんて必要ない」という方もいるかも知れません。

そこで、それでもやっぱり安い方が良い!という方のために、低価格でも評価の良いマットレスを3つご紹介したいと思います。

これらの商品に関しては、1万円以下でありながら購入者のレビューも高いので、『とりあえず安いので良い』と言う事であれば、一度試してみるのも良いかと思います。

ガク

今回は、安い高反発マットレスとモットンとの違いについてご紹介させていただきました。

安い高反発マットレスでも使えないということはありません。

しかし、マットレスは毎日使うものだからこそ、できるだけ質の高い睡眠を得られるものを選びたいところです。

マットレスは価格だけで良し悪しを判断することはできませんが、睡眠を通して健康を増進したいという場合には、やはりある程度の価格のするマットレスの性能が必要になります。

モットンは当サイトでもおすすめのマットレスですが、他にも評判の良いマットレスはあります。

是非、別の記事もご覧いただき、あなたにとって最適なマットレスを見つける上での参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA