シングルマットレスの選び方まとめ!【※基準は厚さ?価格?体重?】

シングルマットレスの選び方まとめ!【※基準は厚さ?価格?体重?】

一人暮らしや新生活などで、これからシングルマットレスを選ぼうとする方がまず悩んでしまうのが
「選び方」ではないでしょうか?

マットレスは数え切れないほど種類が豊富で、価格も安いものから高いものまで本当に様々です。

その中から、自分に合ったマットレスを見つけ出すとなると、以下のような疑問を抱く方が多いようです。

・「  初めてシングルマットレスを買うんだけど、まずは何を基準にすればいいの? 」

・「 予算はどのくらいあれば安心?  」

・「 体重が重い人の選び方ってある?  」

・「  腰が痛い人はどんな点に注意して選べばいい?  」  

もしかすると、あなたも上記のような悩みをお持ちで当記事をご覧になっているのかも知れませんね。

そこで今回は、シングルマットレスの選び方の基準や、想定される様々なケース別におすすめの選び方をご紹介していきたいと思います。

マットレスは選び方のコツを知ることで、あなたに最適なマットレスを見つけることが可能です。

はじめてマットレスを購入する方や、買い換えを検討している方は是非、今回の内容を最適なマットレス選びにお役立てくださいね。

シングルマットレスを選ぶのにオススメの5つの基準!

シングルマットレスは、一人で寝るのにちょうど良いサイズですが、どういったポイントを重視するかによって自分に合ったマットレスの選び方は異なります。

ここでは、シングルマットレスを選ぶのに役立つ5つの基準について解説していきたいと思います。

「何から決めていけばいいのかわからない!」という方は、まずはここでご紹介するポイントについてご注目くださいね。

基準1. 価格

シングルマットレスの場合、耐久性、品質において安心できるものを選ぶなら、3万円以上を一つの基準とするのが良いでしょう。

マットレスは値段に比例して寝心地、耐久性、通気性などに品質の違いが大きく表れます。

安価なマットレスは費用的には抑えられますが、やはり品質や耐久性が低いゆえに、一年も持たずにへたってしまう、破れてしまうなど、長い目で見ると実はあまりコスパが良いとは言えないケースもよくあります。

反対に、品質の高いマットレスは快適性が高いだけでなく耐久性も高いので、初期費用はかかるかもしれませんが、結局のところは長く愛用でき、費用的に安くつくことにもなります。

睡眠は人生の約3分の1を占める大切な時間です。

睡眠の質は、マットレスにある程度の予算を掛けることで、飛躍的に向上します。

人によってマットレスにかけられる予算は様々ですが、”質の良い睡眠”を取るためには、ある程度の予算はかけたいところです。

基準2.  体重

体重は自分に合ったマットレスを選ぶ上でとても重要なポイントです。

標準的な体重の方であれば、特に硬さや素材を気にする必要はありませんが、標準よりも体重が軽い人や女性、小さいお子さんは、体重による沈み込みが少ないため、反発力の小さい低反発マットレスを選ぶのが良いでしょう。

反対に、標準よりも体重が重い方や大柄体型の方の場合は、柔らかいマットレスだと身体が沈み込んでしまい、姿勢の歪みや血行不良、起きたときの疲労感、腰痛といった症状が出やすくなるため、反発力の強い高反発マットレスやスプリングマットレスの硬めのタイプを選ぶのがおすすめです。

基準3.  サイズ

マットレスのサイズは、一人用=シングルサイズが最適とは限りません。

当記事をご覧の方はシングルサイズをお探しの方が多いかと思いますが、体型によっては窮屈に感じる場合があります。

寝返りが打ちやすく、ゆったり快適に眠れるマットレスのサイズは「肩幅+左右15cmずつ」が理想的と言われています。

普通体型の方なら問題ありませんが、もしこの幅が、一般的なシングルサイズの横幅(約100cm)よりも大きい場合は、セミダブル(約120cm)も検討してみるのも良いかも知れません。

基準4.  厚み

マットレスの厚さは、底付き感なく使用するのに厚み8cm以上がおすすめです。

ただし、厚みがあるほど良いとは限りません。

厚いマットレスは、身体への負担を減らし、耐久性も高くなりますが、その分、価格が高くなり、大きさと重さが増すので移動させにくい、通気性が悪くなるといったデメリットがあります。

反対に厚みが薄くなると、軽量で収納やお手入れがしやすいというメリットがある反面、へたりやすさや底付き感が出やすくなるといったデメリットがあります。

このように、どのようなメリット・デメリットがあるかを理解した上で、ライフスタイルに合わせて選んでいくのが良いでしょう。

基準5.  保証

マットレスは毎日の睡眠を支えるものだけに、購入後の保証やサポート面も大きな判断基準の一つとなります。

思わぬ不具合やへたりが生じた場合に保証期間内であれば交換してくれる「品質保証」が一般的ですが、ブランドやメーカーによっては、実際に自宅で試して、合わないと感じた場合に返品・返金に対応してくれる「返品・返金保証」が付いているものもあります。

マットレス選びは、その性能ばかりにどうしても目がいきがちですが、こうした保証内容もきちんと抑えておくことで、品質や性能に不安を感じている方にとっては、購入前だけでなく購入後にも大きな安心に繋がります。

ケース別のおすすめの選び方!

ここまで、5つの基準について解説させていただきましたが、いざご自分の状況に照らしてみると具体的な選び方はわかりにくいかも知れません。

そこで、ここからはいくつかのケース別におすすめの選び方をご紹介してみたいと思います。

体重が重くてへたりや沈み込みが気になる人にオススメの選び方!

上記でもご紹介しましたが、体重の重い方や大柄な体型の方は、高反発やハードタイプのスプリングマットレスといった反発力の高い硬めのマットレスを選ぶのが良いでしょう。

ただしここで注意しておきたいのはその耐久性。

耐久性をきちんとテストし、その結果を公表している製品や長期にわたって品質がしっかり保証されている製品を選ぶのがポイントです。

おすすめはライズの「スリープマジック 厚み12cm」やマニフレックスの「モデル246」。

スリープマジックは高反発・高密度ながら寝心地の良さと耐久性の高さが人気、マニフレックスはしっかり硬めで耐久性が高く、12年という保証期間の長さが魅力です。

腰痛持ちの方におすすめの選び方!

腰痛を改善するためには、寝たときの余計な腰の沈み込みを抑えることが大切です。

そのため、腰痛持ちの方や腰に不安のある方は、体重の重い方の場合と同様、低反発や柔らかいマットレスよりも硬めのマットレスを選ぶのが良いのですが、加えて抑えておきたいポイントは返品・返金保証。

例えば「モットン」や「雲のやすらぎ」は、腰痛対策に特化したマットレスとして有名ですが、効果が出ない、改善しないといった場合の返品・返金保証が付いており安心です。

こういった保証は、身体に合わないマットレスを購入してしまって腰痛をガマンし続けなければならないリスクを避けられるので非常に重要なポイントだと言えます。

とにかく予算を抑えたいという方におすすめの選び方

ある程度品質を我慢しても、とにかく価格の安さを一番に考えたいという場合には、楽天やAmazonなどで1万円以下でも購入することができます。

ただし、こういった格安のマットレスを選ぶ場合は、以下の点については理解しておく必要があります。

・ニオイやカビなどの問題が出やすい
・底付き感が出やすい
・へたりやすい
・保証が無い
・腰が痛くなりやすい

必ず上記のようなデメリットが出てくるというわけではありませんが、思わぬトラブルによって「こんなハズじゃなかった」といったケースもあるので、しっかりと口コミや評価を参考にするのが大切です。

それでもやっぱり選びきれないという人におすすめの選び方

ここまで見てきた内容でもやっぱり選びきれないという方は、やはり実際にお店で寝て試してみるのが一番です。

店員さんとも相談できるので、より自分に合った条件を具体化できるのではないかと思います。

ただ、中にはお店に足を運ぶことが難しい方もいるかも知れません。

そのような場合には、返品・返金保証のあるマットレスがおすすめです。

返品・返金保証のあるオススメのマットレス一覧

モットン
雲のやすらぎ
13層やすらぎマットレス
エアウィーヴ

上記のマットレスは品質、耐久性共に優れた商品としてネットでも評判ですが、返品・返金保証が付いているので、はじめてマットレスを購入する方やネット購入に不安を感じている方にも安心です。

ブランドや製品によってお試し期間は30~100日と様々ですが、あなたが良さそうだと感じたマットレスがあれば一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ガク

今回は、シングルマットレスの選び方や基準についてご紹介させていただきました。

一見すると違いの分かりにくいマットレスも、選び方によってはあなたにとって最高にも最低にもなります。

自分に合ったシングルマットレスを見つけるためには、様々な観点からあなたの条件と擦り合わせていくことが重要です。

一つ一つ条件を決めていくのは少し面倒だと思われるかも知れませんが、”価格の安さ”や”なんとなく”で決めてしまって後悔してしまわないためにも、今回の内容を参考にぜひしっかりと条件を明確にしてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA