低反発マットレスの寿命や使用年数は?【※へたりは復活する?】

01低反発マットレスの寿命や使用年数は?【※へたりは復活する?】

どのようなマットレスも、長年使用していると、凹みやへたりによって、その性能を十分に発揮出来なくなっていきます。

特に低反発マットレスは、高反発に比べて耐久性が低いとも言われており、使用にあたって「寿命」が気になる、という方も多いのではないでしょうか?

実際にネット上を調査してみると・・・

・「低反発マットレスの寿命ってどれくらいなの?」

・「凹みや変色が出てきたんだけど、もう買い替えるべき?」

・「へたってきたウレタンを復活させる方法はないの?」

・「低反発マットレスを出来るだけ長持ちさせたい。どんなお手入れの仕方がある?」

等、低反発マットレスを愛用されている方は、上記のような、寿命や買い替え時期についての疑問をお持ちの方も多いようです。

寿命や買い換え時を知っておくことは、質の良い睡眠を維持できるだけでなく、健康にとっても非常に重要な事です。

そこで今回は、低反発マットレスの寿命やお手入れの方法、ヘタった場合の復活方法などについて様々な情報を調査し、まとめました。

もし、今お使いのマットレスの寝心地が変わってきたり、凹んできたなと感じてらっしゃるようなら、是非ご参考にしていただければと思います。

目次

低反発マットレスの寿命や耐用年数の平均は?

低反発マットレスの寿命や耐用年数の平均は?

包まれるような寝心地の良さや、疲労回復に効果抜群として人気の低反発マットレスですが、Q&Aサイトなどを見ていると、寿命や耐用年数についての質問が多く見られます。

では、平均して何年くらいが寿命だと考える方が多いのでしょうか。

低反発マットレスの寿命は平均的にどのくらいなのかを調査しましたのでご紹介します。

低反発マットレスの寿命は平均的にどれくらい?

愛用者の口コミや知恵袋の回答、販売メーカーの公式サイトなどを見ると、1年でへたったという方や、メンテナンスをきちんと行えば5年は問題無く使用できた、という方など、様々な意見が寄せられています。

もちろん、体格や使用頻度、お手入れの具合によって大きく差が出るため、一概に寿命や耐用年数を決めつけることはできませんが、今回調査した内容を総合的に見て判断すると、低反発マットレスの寿命は大体2~3年程度ということが言えそうです。

個人差があるにしても、ある程度の寿命や使用年数を知っておくことで、新しいマットレスを買い換える際のきっかけになるかも知れません。

安価品では半年~1年で限界の商品も!?

低反発マットレスといっても、最近では1万円以下で購入できる安いものもあります。

ただし、口コミ等を調べてみると、半年~1年でヘタったという声も多く、使用できる年数はある程度価格に比例するようです。

品質が良いものは”○年保証”といった形でへたりや凹みの保証がついていますので、できればこういったものを選びたい所です。

特に低品質なウレタンほど、寿命が早く訪れる傾向にありますので、あまり安価なものは正直おすすめしません。

人気の低反発マットレス、トゥルースリーパーの寿命はどれぐらい?

トゥルースリーパー

ここまで平均的な寿命をお伝えしましたが、低反発マットレスの中でも爆発的に人気のあるトゥルースリーパーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

トゥルースリーパーは低反発マットレスジャンルの中でも特に評価の高いマットレスですが、様々な口コミを調査すると、大体の寿命は2~3年との口コミが多く見受けられます

また、公式サイトでのチャットによる相談窓口に問い合わせたところ、メンテナンスをしっかりしてあげることで、5年以上、寝心地も変わりなく使用されているという方も多くおられるそうです。

同じトゥルースリーパーマットレスでも、使い方やお手入れの仕方によって大きく寿命が変わるのは、品質の高いマットレスでも同じようです。

トゥルースリーパーは1年以内のへたりは保証してもらえる

尚、トゥルースリーパーに関しては、当サイト編集部でも2人が購入していますが、1年以内の予想外のへたりに関しては、無償で交換してもらえます。

こちらに関しては購入時の説明書にも以下の様に記載されています。

トゥルースリーパーの交換保証に関する画像1

本体貼付ラベル等の注意書に従った使用状態で不可さ2cm以上の明瞭な凹みが復元しない場合は保証期間内に限り無償交換いたします。

特に体重が平均より重たい人の場合、安価な低反発マットレスであればあるほど凹みやへたりが出やすく、通常の寿命よりも短くなってしまいます。

そう考えると、購入するならトゥルースリーパーのような交換保証や返品保証がある商品を選びたい所です。

ちなみに実際に購入したトゥルースリーパーのへたり具合や寿命に関しては、以下のページで詳しく紹介していますので、こちらも良ければチェックしてみて下さいね。

【購入して検証】トゥルースリーパーの寿命とへたり、耐久性まとめ!

2019.02.01

※価格、保証期間、品質などから低反発マットレスを選ぶなら、こちらの記事が参考になります。

低反発マットレスランキング!※オススメの人気ブランドと選び方!

2018.09.05

低反発マットレスのへたりは復活(再生)する?お手入れの方法は?

低反発マットレスのへたりは復活(再生)する?お手入れの方法は?

気に入って使い込んだマットレス、あるいは買ったばかりなのにへたってしまったマットレス。

なんとかへたりを元に戻す方法はないのでしょうか。

折角こだわって購入したマットレスを長持ちさせるためのお手入れ方法についてもご紹介していきます。

低反発マットレスのへたりは元に戻せるの?

結論から言うと、何をやっても復活(再生)させることはできず、諦める他ありません。

布団ならば、天日干しをすることでふわっと復活させることはできますが、残念ながらウレタン素材は天日干しや布団乾燥機は致命傷となります。

一度へたってしまったマットレスは、新しく買い換えるか、使い続ける以外に無い、というのが現実です。

へたったマットレスを使い続けるとどうなるの?

へたったマットレスは厚みが均一ではありません。

部分的にへこんだマットレスを使い続けると、寝返りがスムーズに出来ず、それが体の歪みやねじれを起こし、腰痛や肩こり、首の痛みを引き起こす原因にも繋がります。

また、寝れば寝るほど疲労を蓄積させ、本来、体の疲れを取るための寝具が逆に健康を阻害する要因にもなり得ます。

へたってしまったマットレスは、新しく買い換えるのがより良い睡眠を得るためのベストな方法であると言えます。

低反発マットレスの寿命を長持ちさせるお手入れ方法は?

では、マットレス自体の寿命を長持ちさせる為には、どのようなお手入れをすれば良いのでしょうか。

へたりを減らして寿命を伸ばすための3つの方法をご紹介したいと思います。

1.定期的にマットレスの向きを変える(ローテーションする)

最も効果的なのが、低反発マットレスの上下、裏表を定期的に変える方法です。

低反発マットレスは、長く使用していると同じところに体重がかかり、その場所からへたり易くなっていきます。

2週間に1回程度を目安に、上と下(頭の方と足の方)、裏と表をひっくり返して使用することで、一部分に偏った凹みや素材の劣化を予防し、寝心地や反発力を維持し、寿命を長持ちさせることが出来ます。

※低反発マットレスでも裏表で素材が違っていたり、片面しか使用できない商品もあります。こういった商品の場合は裏表で使用すると、寝心地や身体の不具合に大きく影響するので、商品によってはあまりオススメ出来ないケースもあります。

2.敷きパッドや除湿シートを利用する

ウレタン素材は水分を吸収すると非常に乾きにくく、通気性が失われる為、劣化が早まるだけでなく、カビやダニの原因にもなります。

マットレスの上に敷くベッドパッドや、マットレスの下に敷く除湿シートなどを使用することで、汗や湿気などの水分がウレタンに吸収されるのを減らし、マットレスの耐久性を高めるだけでなく、衛生面においても清潔を保つことが出来ます。

3.日陰に干して乾燥、空気の入れ換えをしてあげる

敷きパッドや除湿シートを使っても取り除けない、こもった湿気はきちんと乾燥させる必要があります。

しかし、低反発に限らず多くのマットレスは、日光の紫外線を直接当てると、ウレタン素材が変色したり、硬くなりボロボロと粉末状に劣化する性質を持つため、天日干しが出来ません。

こもった湿気を乾燥させるためには、週に1度を目安に、風通しのいい日陰に干してあげることが必要です。

4.専用カバーやシーツなど洗えるものは定期的に洗濯する

普段使用しているマットレスの上に、シーツや専用カバー、薄い敷パッドなどを使用している場合は、定期的に洗濯してお日様の光をあててあげましょう。

基本的に低反発マットレスはウレタン素材のものがほとんどで、通常は洗う事や日干しする事は出来ませんが、シーツなどはほとんどの場合洗濯も日干しも可能です。

見た目に汚れていなくても、寝汗などがしみ込んでおり、雑菌繁殖やダニ、カビやホコリの原因となり、マットレスの寿命にも影響しますので、2週間に1度ぐらいは最低でも洗濯してあげましょう。

GAKU
質の良い低反発マットレスを使っていても、お手入れの仕方が悪ければ、寿命も短くなってしまいます。 ほんの少しの手間をかけるだけで、マットレスの寿命は各段に伸びますので、是非お試しください。

低反発マットレスのへたりと買い替え時期の目安まとめ!

低反発マットレスのへたりと買い替え時期の目安まとめ!

さて、ここまで、低反発マットレスの寿命や使用年数についてお伝えしてきましたが、どんなにお手入れしていてもいつかは寿命がやってきます。

寿命の長さはあくまでも目安であり、今お使いの低反発マットレスが寿命を迎えているかどうかは分かりにくいものです。

低反発マットレス買い換えの目安となる5つのポイント!

では、低反発マットレスのへたりがどのような状態であれば、買い換えるべきなのでしょうか?

その目安となるチェックポイントを3つにまとめましたのでご紹介します。

1.腰やお尻の辺りが凹んでいる

マットレスに身体の形にヘコミがあるようでしたら買い替え時です。

特に、全体重の大部分を占める腰やお尻の辺りが凹んでいる場合はマットレスの反発能力を失っていると言える証拠です。

マットレスの中央部分が凹んでいると、寝ている時の姿勢が”く”の字となり、腰への負担が大きくなります。

2.寝返りが多くなり、熟睡できていないと感じるようになってきた

寿命の過ぎたマットレスは、へたりによって理想的な寝姿勢を保つ事が出来ません。

その結果、体液循環が阻害され、骨や筋肉の血行を修正するための寝返りの回数が無意識に増えてしまい、熟睡できなくなることもあります。

朝、なんとなく疲れが取れていないと感じる場合や、夜中に自然な寝返りが出来ずに目が覚める、というようなことが出てきた場合は、マットレスの寿命といえるサインです。

3.寝ころんだときの独特のもちっとした感触がなくなってきた

ウレタン素材は、徐々にその反発力や柔軟性を失い劣化していきます。

変色だけでは寝心地に影響は無いことが多いのですが、マットレスに寝転んだ時に、もちっとした包まれるような寝心地が無くなったと感じた時は低反発の持つ性能は既に発揮されていません。

寝心地が悪い状態では熟睡できず、脳の疲れも取れないまま、朝を迎えてしまうかもしれません。

4.見た目に取れない汚れが目立っていたり、カビが生えている

カバーをしていると分かりにくいですが、マットレスを裏返したり、カバーを外して洗濯したりすると分かる「カビや汚れ」がある場合も買い替えを検討する目安となります。

洗濯できない低反発マットレスは、一度カビが生えたリ汚れてしまうと、お手入れの方法が陰干ししかない為非常に不衛生です。

へたりやへこみが無くても、カビが生えている所に寝続けるのは健康面で絶対にオススメ出来ません。

上や周りにカバーや敷パッドを敷いたとしても、カビは繁殖し続ける可能性もある為、基本的に買い替えを検討すべきです。

5.低反発マットレスとしての機能が明らかに落ちている

低反発マットレスの最大の売りは「寝心地の良さ」ですが、明らかに購入時より寝心地が悪くなっていたり、低反発なのに反発力がかなり弱くなっているなら買い替えのサインです。

「最初に寝た頃は疲れも取れて寝心地が良かったのに・・・」と何度も感じる様になったら、それは機能が落ちている証拠です。

毎日寝るマットレスなので、この様に感じた場合は早急に買い替えする事をオススメします。

ガク
実際の所、「毎日使うものだし、多少の凹みやへたりは仕方ないか・・・」と諦めている方も多いですが、ある程度の価格で人気の低反発マットレスであれば、購入してすぐに凹みやへたりが気になる様な事はありません。

安価なマットレスと高価なマットレスでは、こういった耐久性の部分で大きく違いが現れます。

近くにニトリや大塚家具など、大手の人気家具屋さんが近くにある場合は、色々な商品を試しながら買い替えて行くのも良いかと思います。

ですが、すぐにマットレスを買い替える事が出来ない環境の方や、毎年買い替えるのが面倒と言う場合は、思い切って耐久性の高い高級マットレスに買い替えるのも、将来的な身体のケアやコスパ的にもメリットは大きいと言えます。

寿命が長く、耐久性が高いオススメの低反発マットレス

買い替えのポイントや目安をご紹介しましたが、中には「私が使っている低反発マットレスはやっぱり寿命だな・・・」と感じた方も多いのではないでしょうか。

そこで買い替えるならオススメの低反発マットレスをご紹介させて頂きます。

低反発+高反発リバーシブル構造が人気のトゥルースリーパー

トゥルースリーパーと聞くと「低反発マットレス」と想像する人が多いですが、今現在トゥルースリーパーの最上位商品として人気のトゥルースリーパープレミアケアプラスは、低反発と高反発の2重構造になっています。

その為、裏返すだけで低反発と高反発を切り替えできるので、「寝心地重視で選びたい」という人も、「腰痛や身体の痛みに悩んでいる」という人にもオススメ出来ます。

公式サイトのトゥルースリーパープレミアケアプラスのページ

トゥルースリーパーシリーズの中では最上位商品と言う事で値段が高いのがデメリットで、シングルサイズでも34,800円しますが、同じ様な低反発と高反発のリバーシブル構造のエアウィーヴが120,000円する事を考えると、非常にコスパが良い商品だと言えます。

またトゥルースリーパーシリーズは、持っている布団やマットレスの上に敷いて使える「トッパータイプ」なので、今の寝具を処分する事なく使えるのも人気の理由です。

トゥルースリーパープレミアケアプラスのオススメポイント

・低反発と高反発のリバーシブル構造なので、身体に合いやすい

・購入後60日以内なら、何度寝ても合わなければ返品可能

・購入後1年以内に予想外のへたりや凹みが出た場合無料交換可能

・消臭、抗菌作用で従来のトゥルースリーパーより寿命も長くなった

・16万回の試験をクリアした優れた耐久性

今現在の低反発マットレスに不満ならこちらもオススメ

もし今現在低反発マットレスを使用していて、「やっぱり高反発の方があっているのかな・・・」と感じた場合は、他の商品と比較してから購入を検討しても良いかと思います。

トゥルースリーパーを含めて、ネットで人気の商品を特徴と共に一覧で紹介しますので、こちらも良ければチェックしてみて下さいね。

商品名 価格帯 マットレス種別 特徴
トゥルースリーパー ・約2万円~4万円前後 ・低反発マットレス
・高反発マットレス
・リバーシブル構造マットレス
・編集部スタッフも購入したオススメ商品
・2019年現在は低反発と高反発がリバーシブルの”プレミアケアプラス”が新しく発売されて人気
・60日間の返品保証、1年間の交換保証付き
モットン ・約4万円~6万円程 ・高反発マットレス ・腰痛対策マットレスとして人気
・調査した中では一番寿命や耐久性が高い
・90日間の返品保証
雲のやすらぎ ・約4万円~6万円程 ・高反発敷布団 ・腰痛対策高反発敷布団として人気
・463日間楽天ランキング1位獲得
・日本製
・100日間の返品保証
エムリリー ・約1万7千円前後~4万2千円前後 ・優反発マットレス ・5、8、11cmとマットレスの厚みが選べる
・環境にも優しい新素材の優反発
・イングランドのサッカーチーム「マンチェスターユナイテッド」の公式寝具パートナー

※腰痛持ちの方や低反発マットレスに不満がある方は高反発もオススメです。

※購入済み!トゥルースリーパーセロ高反発マットレスの本当の口コミ

2018.11.21
ガク

マットレスは毎日使用していると、小さな変化が起きていたとしても、なかなか気づく事が出来ません。

また、使おうと思えばいつまでも使えてしまうだけに、買い替えるのがもったいないと考えてしまうこともあるかも知れません。

しかし、寿命を超えたマットレスを使い続けることは、健康面での意味においても、メリットはありません。

もし、今お使いの低反発マットレスが、上記にお伝えした状態に当てはまる場合には、寿命が来ていると判断し、思い切って買い換えの検討をされることオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA